頑固なクセ毛でお悩みなら、
埼玉県坂戸市の縮毛矯正専門美容院トゥインクルへアー

無料メール相談はこちら

ご予約はフリーダイヤル:0120-388-281

院長ブログ

院長カジヅカカズオの徒然日記

トゥインクルへアーの院長であり、美容師歴41年のベテラン美容師、梶塚一雄(カジヅカカズオ)の素顔。縮毛矯正のことから、趣味のランニング、カラオケ、空手、社交ダンス、果ては地元ネタまで徒然に書き記していきます。

院長梶塚一雄の徒然日記

縮毛矯正をかけても手入れが楽にならない3つの理由(1)

強いクセ毛の方は、いくら従来手法の縮毛矯正をつづけても希望の髪質にはなりません。とても残念なことですが、皆様はこのことをご存知でしようか。

「え!なんで」

「高いお金かけているのに!」

その理由は3つあります。今回から3回にわけてそれぞれ説明していきます。

理由(1)従来の薬ではクセ毛の原因に効果が届いていない

そもそもクセ毛は、毛髪の内部にある繊維の集合体(髪の芯)に起きたねじれです。因みにねじれのない髪が直毛です。ねじれは凝縮を繰り返しながら硬直し「クセ毛の芯」となり、これが原因で髪が暴れます。

それなのに、従来手法で貴女のクセ毛につかわれる薬は、アンモニアが主体のためキューティクルがフヤケるだけ!肝心なクセ毛の原因には効いていません。クセ毛を直毛にかえる「下地」ができないのです。その結果、クセ毛は直らず髪だけ傷みます。

下地をつくれないアンモニア主体薬

従来のアンモニアを主体とした薬は、軟化力が弱くクセ毛の芯に弾かれて「下地」をつくることができません。しかも、弾かれた薬はアンモニアに弱いキューティクルに溜まりダメージを与えます。その結果、クセ毛はなおらず髪肌が荒れる原因となるのです。

クセ毛に合せた施術調合薬

当院が独自調合技術でつくる貴女のクセ毛に合せた薬は、キューティクルを整えながら、「ねじれ硬直」を超軟化し、縮毛を直毛にかえる「下地」をつくります。その後のブラシスルーストレッチで、クセ毛がなおり髪肌も整います。

次回の記事(2)では、キューティクル(髪肌)が焦げるアイロンプレスについておつたえします。

Pocket


PageTop