頑固なクセ毛でお悩みなら、
埼玉県坂戸市の縮毛矯正専門美容院トゥインクルへアー

無料メール相談はこちら

ご予約はフリーダイヤル:0120-388-281

院長ブログ

院長カジヅカカズオの徒然日記

トゥインクルへアーの院長であり、美容師歴41年のベテラン美容師、梶塚一雄(カジヅカカズオ)の素顔。縮毛矯正のことから、趣味のランニング、カラオケ、空手、社交ダンス、果ては地元ネタまで徒然に書き記していきます。

院長梶塚一雄の徒然日記

貴女のクセ毛がなおらない目から鱗の三つのわけ①

前回の記事を見てくださった強いクセ毛でお悩みの読者様から、ストレッチ縮毛矯正をもっと知りたいとご要望がありました。

実は皆様、髪の傷みが気になり、ノーアイロンの髪質改善縮毛矯正をうけたところ失敗。「自分のクセ毛に合う矯正が分からない」と大変お困りのご様子です。

実は、従来手法の縮毛矯正は施術手法に間違いが多く、強いクセ毛は上手くなおりません。

今回から3つの内容に分けてお届けいたします。

1回目の記事では、クセ毛の原因!

2回目の記事では、従来手法のデメリット!

3回目の記事では、薬剤作用が施術の基本!

と言う内容でおつたえします。

クセ毛の原因を知れば本物の矯正がわかる。

縮毛の本当の原因を知らずに、長年強いクセ毛に悩まされている方が多くいらっしゃいます。よく「イビツな毛穴がクセ毛の原因」と言いますが、勘にたよっただけの意味不明な説明は、皆様の辛い思いを逆なでするだけです。(毛穴の形を変えるなんてできませんよね)

クセ毛の本当の原因は「髪の芯のねじれ」です。例えば毎日つかうヘアーアイロンのコードは、つかう度にねじれてグリグ暴れています。そこでウエスに包んで引き伸ばす方もいらっしゃるかも?(そうなんです!ねじれが取れてストレート?)

実は、毛髪の内部には、しなやかな髪をつかさどる繊維の集合体(髪の芯)があります。この組織は、2種類のタンパク質が同一方向に規則正しく伸びています。ところが髪の芯の成長が狂うとねじれが生じ、ねじ曲がりながら伸びます。さらにねじれで凝り固まった髪の芯は毛髪を暴れさせます。それがクセ毛です。

次回の記事は、クセ毛がなおらない従来手法のデメリット!と言う内容です。

Pocket


PageTop