頑固なクセ毛でお悩みなら、
埼玉県坂戸市の縮毛矯正専門美容院トゥインクルへアー

無料メール相談はこちら

ご予約はフリーダイヤル:0120-388-281

施術事例

縮毛矯正事例(20181118)

  • Before(施術前)

  • After(施術後)

髪の一本々がジリジリしていて、ブローをしてもぜんぜんおさまってくれません。太くてかたい髪になやまされています。

施術内容

髪の変質は毛髪内部のねじれがもとでおこります。写真は毛髪一本々が感電したかのようなクセ毛です。このような症状は固くて太く乾燥しやすい髪におこります。丈夫でつよいと思われる髪でも、縮毛状態にはげしい乾燥がくわわると、切れやすい髪になるのです(伸縮性の欠如が原因)。この状態で、アンモニア臭のつよい矯正剤やアイロンプレスをうけた場合には、たちまちダメージ毛となり収集のつかない暴れ髪になります。

では今回の施術方法をご説明します。ポイントになるのは油性の湿潤剤による保湿です。この工程をほどこすと毛髪内部の「芯」繊維の硬直が緩和されます。この状態で矯正剤を作用させるのです。クセ毛の芯はお腹がいっぱいになるほど薬を吸収してくれます。当然のことながら薬剤作用は究極のレベルまで高まり、クセ毛がしなやかな髪によみがえるベースができあがるのです。このあとクセ毛にストレッチブローおこなうと、仕上がり写真のようになります。

お客さまのコメント

想像以上のキレイな髪におどろきました。ブローが楽しみです。


PageTop