頑固なクセ毛でお悩みなら、
埼玉県坂戸市の縮毛矯正専門美容院トゥインクルへアー

無料メール相談はこちら

ご予約はフリーダイヤル:0120-388-281

院長ブログ

院長カジヅカカズオの徒然日記

トゥインクルへアーの院長であり、美容師歴41年のベテラン美容師、梶塚一雄(カジヅカカズオ)の素顔。縮毛矯正のことから、趣味のランニング、カラオケ、空手、社交ダンス、果ては地元ネタまで徒然に書き記していきます。

院長梶塚一雄の徒然日記

縮毛矯正をかけても手入れが楽にならない3つの理由(3)

強いクセ毛の方は、いくら従来手法の縮毛矯正をつづけても希望の髪質にはなりません。
とても残念なことですが、皆様はこのことをご存知でしようか。

「え!なんで」

「高いお金かけているのに!」

今回は3つ目の理由をおつたえします。

理由(3)スキばさみのザクザクカットはクセ毛が暴れる原因

従来手法の縮毛矯正をしていたご新規様の髪は、枝毛が多く髪が毛羽立ち暴れています。ところが皆様は、ご自分の強いクセ毛が原因と大変な誤解をしています。

髪の暴れはスキばさみのザクザクカットによる後遺症なのです。

貴女のクセ毛を労わる技術と負荷を与える真逆な手法

前の記事で、クセ毛に大きな負荷をかける手法をおつたえしました。

記事(1)アンモニア主体の薬で髪肌がただれてしまうこと。
記事(2)アイロンプレスで髪肌は焼け焦げてしまうこと。

負荷をあたえられたクセ毛は満身創痍の状態です。そこにスキばさみのザクザクカット!もうこれは、傷口に塩を塗る行為そのものです。

唐突ですが、アスパラガスをキッチンばさみで切ると、切り口は引きつれます(包丁の切り口とは違う)。スキばさみによる毛髪のカット面もこれと同じです。荒れたカット面は外気にふれて枝毛となり暴れ髪に変質します。

因みに当院では、スキばさみ不使用の毛量調整技術「スィーブカット」をします。カット面の荒れがでない当院独自の「クセ毛のためのカット技術」です。

クセ毛を労わり縮毛を直毛に変える3つのコツ

(1)クセ毛に合せた施術調合薬
クセ毛の本質に作用し自然直毛にかえる下地をつくります。

(2)特殊ブラシによるストレッチブロー
クセ毛を引きほぐす技法は縮毛を直毛にかえ髪肌も整えます。

(3)スィーブカットによる毛量調整
カット面が荒れない毛量調整は手入れの楽な髪型をつくります。

以上が、クセ毛を美髪にかえる縮毛矯正技術です。

貴女が希望の髪質にならないとお困りでしたら、一度ストレッチ縮毛矯正(ドクターストレート)を試して見てください。きっと!しなやかな髪の手ざわりに癒されますよ。

Pocket


PageTop