頑固なクセ毛でお悩みなら、
埼玉県坂戸市の縮毛矯正専門美容院トゥインクルへアー

無料メール相談はこちら

ご予約はフリーダイヤル:0120-388-281

院長ブログ

院長カジヅカカズオの徒然日記

トゥインクルへアーの院長であり、美容師歴41年のベテラン美容師、梶塚一雄(カジヅカカズオ)の素顔。縮毛矯正のことから、趣味のランニング、カラオケ、空手、社交ダンス、果ては地元ネタまで徒然に書き記していきます。

院長梶塚一雄の徒然日記

クセ毛の貴女へ、縮毛矯正で髪が傷んでしまう理由

縮毛矯正で髪がゴワゴワ、施術の度にダメ―ジ毛になるのは何故でしょう。

皆様は髪の傷みと引き換えに施術をうけているのが現実です。一方で、人為的で不自然な仕上がりにも嘆いていらっしゃると思います。

施術を行う側が、縮毛矯正は傷むものと説明しているところもあります。すなわちプロも「従来手法では自然直毛のようにならない」とわかっていながら施術に臨んでいるというのが真実なのです。

下の写真は、矯正ダメージ毛をかかえてお越しくださったお客様です。

下の写真は初回のストレッチ縮毛矯正の仕上がりです。

あらためてお伝えすると、皆様がうけている従来手法の矯正は、傷んで当然なやり方です。綺麗な髪になりたい。その思いで、よさそうな矯正を探してうけたと思います。しかし、それらは見た目をかえただけで、施術を構成する薬や手法は同質なのです。

縮毛矯正で髪を傷めている薬剤作用とアイロンプレス

縮毛矯正の薬が鼻にツンっとくるのはアンモニアが主成分なのです。このタイプの薬はクセ毛の芯(原因部分)に浸透できない弱点があります。

そのため、吸収されない薬は髪肌に溜まり、キューティクルを溶かします(芯に効かずに髪肌を溶かしている)。

ところで縮毛矯正のメインとして印象に残るのが、アイロンプレスですね。実はこれが大問題。薬が溜まった髪肌は、溶けてしまうとおつたえしました。そこに200度のアイロンプレスが行われます。

当然髪肌は焼け焦げてしまうでしょう。従来手法の縮毛矯正は、クセ毛にとって荒療治髪とも言えるのです。

手前みそで恐縮ですが、当院で行っているストレッチ縮毛矯正は、施術ダメージとは無縁です。しかも、かけるほどにしなやかなストレートヘアーになります。

他の記事にも、貴女のクセ毛が美髪になるヒントがあります。お役に立てる内容は、ズバリ貴女の悩みを解決します。

Pocket


PageTop