トゥインクルヘアーの梶塚です。当店は、お客様のご要望にお答えする為に、薬剤・器具・技法を独自に研究開発し、スタイリングのアシストをしております。「受けて良かったぁ!」というお客様の声に支えられています。いつも記事を読んでくださり、ありがとうございます。「感謝」

 

白髪カラーリング今回は、白髪を「違和感のない自然な茶色に染めるカラーリング」のお話をさせていただきます。

白髪のお悩み,アレコレ皆さん抱えていらしゃるのではないでしょうか。トゥインクルヘアーでは、ひとつひとつ丁寧に説明させていただき、お客様にご満足いただけるよう、施術内容の充実を図っています。

先日、お越しになったお客様ですが、「白髪まじりのごま塩頭はナチュラルなブラウンカラーには染まらないものとあきらめた」というのです。

そのようなことはございません。あきらめないでください。今回のお話しは、明るめに染める「ごま塩頭の白髪染め」のお話しです。

そのお客様がいうところによると、「明るく染めたいと頼んでも暗くなっちゃう。明るくなったかなと思えば、白髪が染まっていない。そんな体験ばっかり・・・。」

しかたがないので、明るい薬で、自宅で染める。しかし、またしても、白髪がうまく染まらず、しつこく数回染めたら、なんとギシギシ髪になってしまったという、とても悲しいことになってしまったそうです。こんな経験二度としたくないですね。

美容院での失敗カラー、自宅での失敗カラーで泣かない為にも、「綺麗に染まるトゥインクル流のカラーリング技法」をぜひこの機会に知ってくださいね。


では初めに、カラーリングの「発色、染着」の仕組みから説明しましょう。
カラーリングで、髪が明るく見えるあるいは明るくなるのは何故? それは、毛髪組成部の黒い色素粒(メラニン色素と言いとても硬いものです。) これを脱色破壊(色素粒を溶かし髪を晒して色を抜く)を行ない、人工的に、髪の毛の色あせ状態を起こし、明度を上昇させます。そこに色味を入れることにより、狙った色調に見えるのです。

しかし、白髪は黒い色素粒がないので、当然、脱色破壊(髪を晒して色を抜く)をする必要は有りませんが、白の素髪なので、染料をたくさん使わないと「染着」つまり染まったように見えません。
そこで、技術の差が現れるのが、狙った色に染め上げる為の、薬剤調合のスキルなんです。「油絵を描くように色を選び、混ぜ具合を考えること」なのです。

さらに話を進めます。

皆さん、「色の三原色」この言葉聞いたことがあるかと思いますが?「赤、青、黄色」の三色です。ざっくり申し上げますと、赤、青、黄色のセロハンが重なると、ナチュラルなトーンのブラウンになります。染毛剤は、この三原色を多様な組み合わせで混ぜた染料を元に作られています。

トゥインクルヘアーでは、個々の染毛剤の色味の特徴を活用し、白髪が自然なブラウンに染まるような色選びを行います。その方法は、普通の茶色の染毛剤(薬)をベース剤に選び、それに明度の低い薬と明度の高い薬を更に追加します。この様な調合方法で染毛剤(薬)の色味と明度を調整し「白髪まじりのごま塩頭は」ナチュラルなブラウンカラーに染まるのです。この時、薬を多めに用意することも必要で、大事なことです。

上記調合した染毛剤で染毛した後に、「トゥインの独自器具」を使って集中乾熱加温を行います。集中乾燥熱加温することで、色あせしにくく、色落ちも発生いたしません。枕を汚しませんよ。

また、カラーを受けた毛髪は多少なりとも、薬剤作用による損傷を受けます。ですが、トゥインクルヘアーでカラーリングした場合は全く心配ありません。どうしてかというとファイバーケアー剤を使い、毛髪内部の修復、回復強化を行うからです。安心してカラーリングをうけてみてください。

★白髪だから出来るライトブラウンヘアカラー!貴女の髪、楽しくなりますよ!

電話予約受付中です。お気軽にお電話ください。0120-388-281(フリーダイヤル)

 

今回も読んでいただき、ありがとうございます。皆様のお役に立つ情報「アレコレ」この後もに発信してまいりたいと思います。

次回もお楽しみに!